白髪染めアドバイス
白髪染めには大別すると4つのタイプがあります。自分にピッタリの白髪染めを選びましょう。
Show MenuHide Menu

白髪染め。基本の四タイプ。

一口に「白髪染め」と言っても、ドラッグストアの売り場を見てみると、

「コレでもかっ!」という程、沢山の種類がありますよね…。

一般的に、白髪染めは大別すると四種類に分類できます。

先ず一つ目は「ヘアカラー」。

最もポピュラーな白髪染めといえるでしょう。

クリームタイプ、液状タイプ、泡タイプ等があります。

手軽に利用できて色持ちも約2ヶ月と比較的長いのが魅力です。

ただ、脱色した上で染色するので髪と頭皮へのダメージは大きいので注意が必要です。

二つ目は「ヘアマニキュア」。

手軽に使える白髪染めです。

ヘアカラーに比べると染めあがりが浅く、色持ちも短いのがデメリットでしょう。

三つ目は「一時染め」です。

スプレーやスティック状で、髪の気になるところを一時的に染めます。

当然、汗やシャンプーによって色落ちしてしまいます。

髪が伸びて白髪が気になりだした生え際等に使うと便利です。

四つ目は「トリートメント」です。

染料が含まれているトリートメントで、毎日のシャンプーの後にトリートメントとして使用しながら白髪染めができます。

手軽に利用できるのと、髪と頭皮へのダメージが少ないのが人気です。

スカルプDで有名なアンファーが出している白髪染めはこのタイプですね
※詳しくは…白髪染めなら「スカルプDボーテ」人気 ヘアカラートリートメント

この白髪染めは髪に負担がかかりにくい分一回だけでは髪に色がつきにくいのがデメリットですが、トリートメントしての使用ですので無理なく複数回使用できるようになっています。

4つの白髪染めの特徴を簡単に述べてきましたが、どのタイプの白髪染めが良いかは人それぞれ異なってくると思います。

それぞれのタイプのメリットとデメリットを理解した上で、自分にピッタリの白髪染めを選ぶようにしましょう。